健康・医療

守ってあげたいペットの健康-2
〜健やかなシニアライフのために飼い主ができること〜

Hiroko Shibanai

お話を伺った方

柴内裕子先生
赤坂動物病院院長

1959年日本大学卒。1963年赤坂獣医科病院を(現赤坂動物病院)開業。数多くの診察・手術を手掛ける傍ら、1986年(現公益社団法人)日本動物病院福祉協会の会長として、人と動物のふれあい活動、コンパニオンアニマルパートナーシッププログラム(CAPP)活動をスタートさせ、動物を伴い老人ホーム、障害者施設、小児病棟、幼稚園、小学校(動物介在活動/療法/教育)などをボランティアとして訪問している

2011年11月30日 [水]

Part 2

皮膚と毛並みの老化対策

人間よりずっと速いスピードで年を重ねていく動物たち。「ウチの子はまだ若い」と思っていても、老化は毎年確実に進んでいます。では愛するペットと少しでも長く、楽しく幸せに暮らすためには、どんなことに気をつけたらよいのでしょうか。赤坂動物病院院長の柴内裕子先生に教えていただきました。

皮膚や毛が老化する原因は?

 皮膚や毛に限らず、老化には加齢をはじめ遺伝、環境、栄養等による、組織の変化、そしてストレスなどが影響しますから年齢に合わせて総合健診をして、何が皮膚や被毛の老化につながっているかを判断し、適切な治療や全体を補うサプリメントを処方してもらう必要があります。単に年を取ったからといって発疹が出たり、皮膚が炎症をおこすことはありません。

 ではなぜ高齢になると皮膚や被毛が変化するのでしょう。循環器の老化、消化器の働きが弱って吸収が悪くなることによる栄養の供給不足です。心臓や血管が老化して血行が悪くなることで、皮膚の細胞を養うための栄養が足りなくなり、乾燥する、毛のツヤがなくなる、発毛が悪くなる、脱毛するといったことが起こってきます。人も中高年になると肌がカサついたり、髪が細くなって脱けやすくなったりしますね。また、黒髪にするための色素を生産することができなくなって白髪が増えたりします。人の場合はこうした変化に気づくと、改善のためにサプリメントを摂る方が多くなっていますが、栄養素を補う必要があるのは動物も同じこと。最近はペット用のサプリメントも販売されていますから、上手に利用するとよいでしょう。

皮膚や毛の変化に気づいた時、注意すべきことは?

 初老の仲間入りをしたペットの皮膚・被毛が変化する理由としては、内分泌系疾患の影響も考えられます。動物は高齢になると甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症、糖尿病といった内分泌疾患が出ることが少なくありません。こうした内分泌系の基礎疾患があると、直接皮膚に変化はないのに被毛が薄くなったり脱毛がみられたり、皮膚にたるみがみられたりします。

 例えば甲状腺機能亢進症の例では、毛がボソボソになって抜け落ち、皮膚がなんとなくザラついて色素沈着を起こします。また、副腎皮質機能亢進症が進行すると、石灰沈着や脱毛、たるみ、弾力がなくなるなどの皮膚症状が顕著に現れてきます。糖尿病では皮膚も感染しやすくなることが知られています。

 こうした基礎疾患の影響で起こる皮膚症状にも、サプリメントは有効です。それは、問題のある組織をより若々しい状態で支えるための材料となる栄養素が必要だからです。その材料が、自分の体の中から現在送り出している量では足りなくなっているわけですから、補ってあげる必要があります。治療薬や療法食にサプリメントをプラスすることで、皮膚や被毛の改善だけでなく、動物たちの意識の改善や行動に活気が出るなど、若々しさを取り戻せる場合もありますから、積極的に取り入れる価値があります。

皮膚や被毛の老化対策におすすめのサプリメントは?

 皮膚や被毛に限らない、老化対策全般に効果が期待できる栄養素であるビタミンEを含むものをおすすめします。

 ビタミンEは「若返りの栄養素」として知られている通り、全身のあらゆる組織に不可欠なものです。特に代謝が落ちてしまう初老以降は、これをきちんと摂取しているかどうかで老化のスピードが違ってくるといっても過言ではありません。細胞単位で活性化させる補強材となるため、全身的な老化防止に効果的なうえ、被毛を育てる毛嚢(もうのう)などにも有用な栄養素ですから、体の内側から外側まで役立つビタミンです。

 ビタミンEは基本的に欠乏や過剰摂取が起こりにくい栄養素ですが、例えば脂肪分の多い魚ばかり食べている猫などは不足しやすく、その場合は体脂肪を上手に代謝できなくなる病気になってしまいます。またビタミンEは、体内に蓄積しやすい脂溶性ビタミンであるため、摂り過ぎも禁物。サプリメントを利用する場合は、用法・用量を必ず守るようにしましょう。

犬と人間の年齢換算表

犬の年齢 人の年齢 犬の年齢 人の年齢
1ヶ月半 4歳 9年 52歳
3ヶ月 6歳 10年 56歳
6ヶ月 10歳 11年 60歳
9ヶ月 13歳 12年 64歳
1年 15歳 13年 68歳
1年半 20歳 14年 72歳
2年 24歳 15年 76歳
3年 28歳 16年 80歳
4年 32歳 17年 84歳
5年 36歳 18年 88歳
6年 40歳 19年 92歳
7年 44歳 20年 96歳
8年 48歳 21年 100歳

※公益社団法人 日本動物病院福祉協会『コンパニオン アニマル ノートブック』より

Pet Health(ペットヘルス) セサミンE
※動物用栄養補助食品
ペットも愛する家族の一員だから、いつまでも元気でいてほしい。
そんな思いから生まれた、ペット専用のサプリメントです!

いつまでも愛らしく無邪気なペットも、気づけば自分の年齢を超えている……。犬や猫の高齢化が進み長寿のペットが増えている中で、「これからもずっと元気でいて欲しい」「ペット専用のサプリメントが欲しい」という多くの飼い主さんの声に応えて誕生したのが、サントリーウレルネスの『Pet Health(ペットヘルス)』シリーズです。
『セサミンE』は、サントリーの長年の研究により解明したゴマの健康パワーの源・セサミンをギュッと凝縮、そこにビタミンEをプラスしました。長径10ミリ、短径7ミリの小さなソフトカプセルで、ペットの”健康な皮膚と輝く毛並み”をサポートします。

Pet Health(ペットヘルス) セサミンE  30粒入り
小型犬、中型犬および猫は1日1粒目安、大型犬は1日2粒目安で約15~30日分)

2,835円(税込)

ご購入はこちらから!