ニュース・その他

動物愛護管理制度の見直しに向けて
人と動物が幸せになるために

Michiyuki
Nishiyama

西山理行 環境省動物愛護管理室

1965年、神奈川県出身。
筑波大学(生物学類~環境科学研究科)で生態学を学び、「"(人間によって迷惑を被っている)人間以外の生きもの"の役に立ちたくて」環境省へ。
本省(計画課、施設整備課、自然ふれあい推進室、野生生物課)、現地(箱根、札幌、白神山地、名古屋、中部山岳、那覇)勤務を経て、2010年4月より現職

Kahoru Kanari

金成かほる トラフィックイーストアジアジャパン
プログラムオフィサー

獣医師。シンクタンク勤務を経てトラフィックイーストアジアジャパンのプログラムオフィサーとしてWWFジャパンに入局。
担当はペットとして取引される野生の生きた動物や木材、薬用植物などの取引。
ワシントン条約の適切な施行や国内の法体制の整備について情報提供や提言活動を行う

Keiko Yamazaki

山崎恵子 ペット研究会「互」

ペット研究家。ペット研究会「互」主宰。
国際基督教大学卒。
日本介助犬アカデミー常任理事、優良家庭犬普及協会常任理事、恵泉女学園大学非常勤講師。
動物に関する勉強会や季刊誌発行で、国内外の情報を集めている。
著書『ペットのしあわせ-わが家がいちばん』(青木書店)ほか、訳書多数
上・写真提供/マース ジャパン リミテッド

2011年02月17日 [木]

野生生物を守ることと動物愛護管理法

それぞれの立場からの話を聞いていると、本来の目的を見失う瞬間がある。「すべての人が『動物は命あるもの』であることを認識し、みだりに動物を虐待することのないようにするのみでなく、人間と動物が共に生きていける社会を目指し、動物の習性をよく知ったうえで適正に取り扱うよう定めています」

これが動愛法の基本原則だ。

この法律の対象は本来、犬や猫など人が飼養する動物だが、第7回小委員会に出席した「トラフィックイーストアジアジャパン」(以下トラフィック)の提言は「野生生物の取引について」だった。トラフィックは、ワシントン条約で規制されている種など、絶滅のおそれのある野生動植物の取引を調査・監視するNGO。国内の法律では、種の保存法の取り組みも並行して行っているという。絶滅のおそれのある野生生物と、動愛法はどう結びつくのだろうか。

「日本は、海外から生きた動物を大量に輸入しています。中にはワシントン条約で取引を規制されている野生生物も含まれていて、密輸や違法な取引のターゲットとなるケースが絶えません。トラフィックは『野生生物にとって有害な取引をなくす』ことを目標に調査・監視しているのですが、違法な商取引をしている業者がいても、種の保存法には動愛法のような動物取扱業の登録に関する決まりはないのです。そこで、動愛法と連携することで、悪質な業者の登録拒否や登録取り消しなどができないか、提言させていただきました」
と言うのはトラフィックのプログラムオフィサー、金成かほるさんだ。

また、規制対象の生きものを密輸する場合、捕獲や移動の際の取り扱いが不適切なことが多い。発見された時には動物が死亡しているケースも多いそうだ。

体長30㎝に満たない小さなサル、スローロリス37頭を1頭ずつ巾着袋に入れ、スーツケースに隠して運び込んだ事例では、摘発された時、27頭はすでに死んでいたという。密輸は違法であるだけでなく、動物への虐待行為なのだ。

業者による取引の話だからと他人事にはしていられない。取引が違法だった場合、種の保存法では販売者はもちろん、購入した人も罪に問われる。何より、軽い気持ちで1頭の野生生物を手に入れることが、その種の絶滅に向かうスピードを加速させることになりかねない。「知らなかった」ではすまされないことだ。「私たちの生活は、生きものを利用せずには成り立ちません。人間はいろいろな生きものの恩恵を受けて生きています。ただ、種が絶滅するというのは取り返しがつかないこと。持続可能なレベルで、生きもの、地球環境とつきあっていこう、ということを、トラフィックでは取引という観点から、推進しています」 (金成さん)

撮影/田村友孝(西山室長)、取材・文/荒井明子
photo:Tomotaka Tamura text:Akiko Arai