ニュース・その他

動物愛護管理制度の見直しに向けて
人と動物が幸せになるために

Michiyuki
Nishiyama

西山理行 環境省動物愛護管理室

1965年、神奈川県出身。
筑波大学(生物学類~環境科学研究科)で生態学を学び、「"(人間によって迷惑を被っている)人間以外の生きもの"の役に立ちたくて」環境省へ。
本省(計画課、施設整備課、自然ふれあい推進室、野生生物課)、現地(箱根、札幌、白神山地、名古屋、中部山岳、那覇)勤務を経て、2010年4月より現職

Kahoru Kanari

金成かほる トラフィックイーストアジアジャパン
プログラムオフィサー

獣医師。シンクタンク勤務を経てトラフィックイーストアジアジャパンのプログラムオフィサーとしてWWFジャパンに入局。
担当はペットとして取引される野生の生きた動物や木材、薬用植物などの取引。
ワシントン条約の適切な施行や国内の法体制の整備について情報提供や提言活動を行う

Keiko Yamazaki

山崎恵子 ペット研究会「互」

ペット研究家。ペット研究会「互」主宰。
国際基督教大学卒。
日本介助犬アカデミー常任理事、優良家庭犬普及協会常任理事、恵泉女学園大学非常勤講師。
動物に関する勉強会や季刊誌発行で、国内外の情報を集めている。
著書『ペットのしあわせ-わが家がいちばん』(青木書店)ほか、訳書多数
上・写真提供/マース ジャパン リミテッド

2011年02月17日 [木]

人と動物の関係を「福祉」の視点から考える

「動愛法改正では、『5つの自由』がすべての動物にあてはまるという意識を、法律の中でどうやって具現化するかが、一番の課題ですね」
と話すのは、小委員会のメンバーでペット研究会「互」の山崎恵子さんだ。

「5つの自由」とは、国際的な動物福祉の基本と考えられている「飢えと渇きからの自由、不快からの自由、痛み・傷害・病気からの自由、恐怖や抑圧からの自由、正常な行動を表現する自由」をさす。

これは1960年代のイギリスで、家畜の劣悪な飼育管理を改善させ、家畜の福祉を確保させるため、その基本として定められた。現在ではペット、実験動物などを含む、人間の飼育下にある、あらゆる動物の福祉の基本とされる。

山崎さんは、1970年代から海外の獣医学や動物行動学、人と動物の関係学の専門書を翻訳したことがきっかけで、海外の動物福祉事情や動物介在教育、動物介在療法などにも詳しい。過去2回の動愛法改正にも関わってきた。

そうした立場から、山崎さんは「愛護」を「福祉」とする方がよいのではないか、とも提言している。

「『福祉』には基準がありますから。児童福祉、高齢者福祉を考えた時、何が守られなければならないか明確でしょう。子どもや老人と動物が同じだと言っているのではないんですよ。そもそも生きものを守るとはどういうことか、人間のモデルに照らし合わせると、わかりやすくなりますよね」

「5つの自由」があてはまる、すべての動物には、学校動物や動物園動物、産業動物なども含まれる。

「動物を犠牲にして人間が癒されるなどというのは、あり得ません。『原始の血の説』といわれているように、動物が安心してリラックスしている姿を見て、原始人は『肉食獣などが襲ってくる兆しはない、ここは安全』と思えたわけです。小鳥やシカがザワザワ騒いでいたら、『何かある』と感じて落ち着かないでしょう」

それは遺伝子レベルで組み込まれた、人が潜在的に持っている反応であるという。人が安らぎを感じるためには、身近にいる動物が快適な状態でなければならないということだ。

「1〜3月は、 見直し作業の前半の“山場”」と西山室長が言う。「人間の都合で不幸な目に遭っている動物があまりにも多い。野生生物もそうですし、飼育動物はもっとひどい状況にあるといえるかもしれません。なんとかそれを減らしたい。すぐにできることと、段階を踏まなければならないことがあると思いますが、 とにかく結果的に少しでもゼロに近づけられるよう、全力を尽くしたいと考えています」

動物を愛するものとして、すべての動物と人が共に幸せになるにはどうしたらいいか、動愛法改正を通して考えたい。

撮影/田村友孝(西山室長)、取材・文/荒井明子
photo:Tomotaka Tamura text:Akiko Arai