協会概要

名称
一般社団法人 ジャパンペットライフケア協会
設立
2011年2月15日
代表理事
永島裕介
事務局
東京都千代田区九段北1-8-2 九段第2勧業ビル3F

協会の主な活動目的

●ペットライフの質的向上のための研究活動支援
高齢化したペットの健康管理や介護、あるいはしつけの悩みなど、ペットに関する問題解決を願うペットオーナーのための研究会を開催。
●ペットとの安心で快適な暮らしのための情報提供
ペットのヘルスケア、安全で快適な暮らしを実現するための住宅や建材、車や空気清浄機など、街づくり、リフォームなどに関する記事を掲載した会報誌を発行(季刊予定)。また、ペットと安全で豊かに暮らしていくための情報提供、及び会員向けのサービスを提供するウェブサイトを運営。
●人とペットが豊かに共生するための社会提言と啓蒙活動
年間28万頭にも及ぶ犬や猫の殺処分数を減らすために、日々努力を続けている地方自治体や、動物愛護団体の活動を取材し、どうすれば日本が動物愛護後進国から脱却し、真に人とペットが終生共生できる社会を実現できるのか……のヒントとなる社会提言や啓蒙を会報誌やウェブサイト上で発信。
●高齢者社会におけるペットとの暮らしの提案と問題対策支援
ペットと一緒に入居できる高齢者施設・住宅の提案や、高齢者が終生、ペットと共に暮らすことができるための仕組み(ペットケアの代行など)の提案や、問題解決のための支援。
●人とペットが豊かに共生するための街づくりの提案
人にもペットにも居心地のよい木陰を作り出す植樹や、ペットが安全に遊べるドッグランのコンサルティングなど、子どもから高齢者まで、ペットとともに快適で安全に暮らすことができる街づくりのアイデアを提案。